ライフイズストレンジをやり終わった。PS4のゲームで、弟に勧められたものだ。結論から言うと、凄く良かった。

ライフ イズ ストレンジ - PS4
スクウェア・エニックス
2016-03-03



これは、過去に戻る能力を得た女子高生が主人公のアドベンチャーゲームだ。頭を使うガチガチのサスペンスというよりは、タイムリープ設定の、青春モノのアドベンチャーゲームだと思う。陰鬱な青春ドラマの中、時間を戻す力がある自分が、周りに関わっていく感じ。

何がいいって雰囲気がいい。音楽がいいし空気感がいい。テレビにかじりついて集中してやってしまった。隣で見ていた奥さんは「おっしゃれー」と繰り返し言っていた。「おっしゃれー」「ひゅーっ」「おっしゃれーっ」。確かに、物語の序盤は「おっしゃれー」感丸出しで話が続く。たとえば、学校の廊下で主人公が壁にもたれかかる。イヤホンをつける。同時に「おっしゃれー」な音楽が流れ、タイトルが表示される。こんなオープニングとか。「ひゅーっ!おっしゃれー!」これには奥さんも興奮を抑えられない。ちなみに、ストーリーは暗め。「おっしゃれー」な青春感と、若い頃特有の暗い雰囲気を行ったり来たりしながら、話が進んで行く。

僕は、初めてこのゲームの中で、主人公マックスになって、時間を巻き戻した時のことが忘れられない。愛用のカメラを落とし、壊してしまうマックス。でも、手を前に突き出して念じれば、時間は巻き戻せる。バラバラだったのに、元通りになるカメラ。僕は「おおーっ」と声を出してしまった。それくらい印象的だった。そしてその時、それまで横で見入っていた奥さんが、「そういえば、お風呂入れっぱなしじゃない?」と叫ぶ。「おっしゃれー」といっていた、あの時の余裕はそこにはない。心拍数が跳ね上がり、強張るお湯入れ担当の僕。床に落ちるコントローラー。満杯にもかかわらず、湯船に注ぎ込まれる水。蛇口に飛びつき、固く締める僕。いくら固く締めても、水は戻らない。腕を前に出し、念じても、時間は巻き戻らない。この世界は厳しい。ライフイズストレンジ。

さて、ともかく、タイムリープものって面白い。シュタインズゲートも面白かった。映画だとバタフライエフェクトとか。メメントが一番好きなのだけど、あれはタイムリープではないか。とにかく、タイムリープものの作品はたくさんある。使い古された設定なんだけど、まあ面白い。考えこんでしまう面白さがある。

僕も、過去に戻れたら・・・と思ったことは何度もある。でも、タイムリープものの映画・ゲームを見ると、「いや、これ、時間が巻き戻せないほうが幸せなんじゃないか」と思う。もし、過去に戻る能力があったら、まず何でも諦めがつかない。あちら直したら、副作用が別のところにでて、それを直そうとするとまたこちらに影響が出て。の繰り返しになる。いつまでたっても先に進めないはずだ。プログラムのバグを直そうとしてコードをいじり、逆にバグを埋め込んでしまうプログラマのようだ。あれは本当に辛い。そうだ単体テストを書こう。さて、ちょっと話はそれたけど、ともかく、時間を巻き戻せてしまうと、力に頼って溺れてしまいそうな気がする。

ということで、もし僕に過去に戻る能力があっても、多分過去には戻らない。あ、いや、一度だけ、戻るかもしれない。一度だけ、過去にもどって自分にアドバイスをするとしたら、あの時の朝、僕は僕に、「今日の朝、お前は登校中に、猛烈な便意に襲われる。無理せず、遅刻してもいいから、駅でトイレに行くんだ。さもないと・・・」と言い残す。そうだ、これだけはやる。これぐらいのアドバイスは、あの時の自分にするかもしれない。その結果、悲劇をすっきりと回避した僕と引き換えに、バタフライエフェクトで世界が終わるとしても。

バフェット犬です。


突然ですが、本ブログはダーツブログから株ブログになりました。名前も「犬」から「バフェット犬」に改名しました。さて、バフェット犬は、ダーツをやる傍ら、株式投資も行っています。


私が株式投資をする理由は、「損をしたくないから」です。儲けたいから、ではなく、損をしたくないから、株式投資をやっています。一方で、多くの人は株式投資をしません。面白いことに、その理由もまた、「損をしたくないから」のようです。


「損をしたくない」という全く同じ理由で、両者は逆の結論に至っています。なぜでしょうか?理由は、何をゼロと考えるか?の違いと言えます。


もし、資産総額が変わらないことを、ゼロ、つまり「得も損もない状態」と考えるのであれば、「現金で持っておけば損はしない」と言うことができます。


しかし、そもそも、お金はお金を生むものです。今手元にある1000万円の価値は、1000万円ではなく、もっと高いものです。お金を貸せば、利子をつけて返してもらえますし、お金を会社に出資すれば、その分前を受け取ることができます。過去の株式のリターンを見ても、お金には、潜在的には年間5%以上の利回りがあると言っても、言い過ぎではないです(むしろ控えめなくらいと思います)。つまり、1000万円を現金で、1年間、持ち続けるということは、得られるはずだった50万円を、みすみす見逃していることになります。つまり、損をしていると考えるのが自然です。


以上から私は、利回り5%程度を「ゼロ」と考えています。それが普通であり、基準としています。当然、リスクはあるので、安全資産と同じ土俵で比べ切ることはできませんが。

もし、利回り5%程度を「ゼロ」と考えると、現金で資産を持ち続けることは、潜在的に損をしていることになります。私は、当然得られるはずの50万円を守るために、損をしないために、資産を守るために、株式投資をしています。


お金には額面以上の価値があること、現金で持ち続けるとお金を得る機会を失っていること。それを知ると、「損をしたくないから」と、しぶしぶながらも株式投資をせざるを得ないのではないでしょうか。


ホットドッグ。
 

Twitterやってます。よければどうぞ。



 

最近ひたすらゲームをやっている。5年ぶりぐらいだ。本当に面白い。ダーツとは比べものにならない面白さだ。

The Last of Us Remastered 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2014-08-21


Horizon Zero Dawn 通常版 - PS4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-03-02




The Last of Usでは、僕はゾンビを倒して少女を救う。Horizon Zero Dawnでは、大自然を駆け巡り、機械を弓と槍で狩り、拾った部品で武器を強化しながら、世界を救うために旅を続ける。面白く、ずっと続けてしまう。


どうしてこんなに楽しいんだろうか。


ゲームは、放っておいても、ゲームの方から、次々に適切なサイズの「目的」をあたえてくれる。当然、「世界を救う」みたいな、大きな目的(大目的)は一貫してあるんだけど、そのために「○○の剣を手に入れる」(中目的)とか、更に細かく分けて「□□を手に入れる」「××に会いに行く」(小目的)のように、小さくちぎって渡してくれる。
23


最終的な目的につながりながらも、今できるレベルの問題を、切り分けてあたえてくれる。しかも、練習すればできるレベルの問題をあたえてくれる。だから、目の前のことを達成していけば、どんどん先にいける。小目的を三つクリアしたら、中目的が達成できる、更に続けていくと大目的にたどり着く。できるから楽しいし、目標に近づいているから楽しい。


じゃあ、ダーツはどうして楽しくないんだろう。正確に言うと、「ダーツが楽しくない時があるのはどうして?」

大きな理由の一つは、「ゲームと違い、目的を自分で設定してコントロールしないといけない。しかもそれは難しいから」じゃないかと思う。ゲームと比較すると、ダーツは


・目的は与えられない。自分で設定しないといけない。

・大目的を、適切な中目的・小目的に分けるのは、自分でやらないといけない。それも難しい。

・適切に小目的を設定できないと、やっても達成できない。


つまり、自分から目的を決めて、そのために必要なものを洗い出してとやらないといけない。それに失敗すると楽しくなくなるんだろうなと思った。逆に、上達する人は、そのプロセスを楽しんでいるように思う。むしろそこが楽しいのかしら。


別にダーツに限らない話だとは思う。


Twitterやっています。



 

↑このページのトップヘ