バフェット犬です。


突然ですが、本ブログはダーツブログから株ブログになりました。名前も「犬」から「バフェット犬」に改名しました。さて、バフェット犬は、ダーツをやる傍ら、株式投資も行っています。


私が株式投資をする理由は、「損をしたくないから」です。儲けたいから、ではなく、損をしたくないから、株式投資をやっています。一方で、多くの人は株式投資をしません。面白いことに、その理由もまた、「損をしたくないから」のようです。


「損をしたくない」という全く同じ理由で、両者は逆の結論に至っています。なぜでしょうか?理由は、何をゼロと考えるか?の違いと言えます。


もし、資産総額が変わらないことを、ゼロ、つまり「得も損もない状態」と考えるのであれば、「現金で持っておけば損はしない」と言うことができます。


しかし、そもそも、お金はお金を生むものです。今手元にある1000万円の価値は、1000万円ではなく、もっと高いものです。お金を貸せば、利子をつけて返してもらえますし、お金を会社に出資すれば、その分前を受け取ることができます。過去の株式のリターンを見ても、お金には、潜在的には年間5%以上の利回りがあると言っても、言い過ぎではないです(むしろ控えめなくらいと思います)。つまり、1000万円を現金で、1年間、持ち続けるということは、得られるはずだった50万円を、みすみす見逃していることになります。つまり、損をしていると考えるのが自然です。


以上から私は、利回り5%程度を「ゼロ」と考えています。それが普通であり、基準としています。当然、リスクはあるので、安全資産と同じ土俵で比べ切ることはできませんが。

もし、利回り5%程度を「ゼロ」と考えると、現金で資産を持ち続けることは、潜在的に損をしていることになります。私は、当然得られるはずの50万円を守るために、損をしないために、資産を守るために、株式投資をしています。


お金には額面以上の価値があること、現金で持ち続けるとお金を得る機会を失っていること。それを知ると、「損をしたくないから」と、しぶしぶながらも株式投資をせざるを得ないのではないでしょうか。


ホットドッグ。
 

Twitterやってます。よければどうぞ。