日本中のお茶の間から、悲鳴にも似た叫び声が上がりました。上がりました?いや、上がって欲しいというか。上がったに等しい。まあ上がったのではないでしょうか。8/19(土)、日本ダーツ祭りにおいて、更なる進化を遂げた、プロジェクションマッピング非搭載型最新ダーツマシン、DARTSLIVE3が発表されました。ダーツライブ3。
詳細は以下のYoutubeリンクを参照ください。



司会の男性は、ルー大柴さんの息子さんでしょうか。「あれ、私、TOEIC900点以上あったっけ?」と勘違いしてしまうほど、狂ったほど聞き取りやすい英語と日本語を織り交ぜながら、プロジェクションマッピング非搭載型最新ダーツマシン、DARTSLIVE3を紹介します。

このプロジェクションマッピング非搭載型最新ダーツマシン、DARTSLIVE3ですが、注目の新機能もいくつか搭載しています。ボタンを押さなくてよいスマートチェンジ機能や、マシン下部につけられたタッチパネルなども地味にうれしいですが、やはり驚いたのはビット単位当たり判定と、スピード表示機能ではないでしょうか。

ビット単位当たり判定は、鋭い視点、鮮やかな切り口から世相を切る、どこかの有名ダーツブログでも予想されていたようですが、流石、的中したようです。抜群の取材力だと思います。実際、ビット単位で判定できると、自分の偏りがわかったり、ばらつき具合が知れて面白そうですね。「あ~っ!俺キャッチ安いわ~ッ!」と叫んでいる北斗の拳に出てきそうなセリフを恥ずかしげもなく吐く兄ちゃんも、プロジェクションマッピング非搭載型最新ダーツマシン、DARTSLIVE3の持つ、昨今のIoT技術で集められた、着弾点のビッグデータの前には、「こんなにビビッドなインサイトにあふれるデータを見せられたら、旧態依然としたアナログ世代の我々は、結果にコミットするしかないで…」と、黙りこくってしまうことでしょう。

また、スピード計測機能も気になります。安定してスローできているのか、矢の速度は速くなっているのか、調子の良さと矢の速度の関係は?など、皆が知りたいけど把握できていなかったことが、わかるようになりそうです。

一方で、「野球投げを誘発するのでは?」という声も聞こえていましたが、「野球投げだと速度が表示されない仕様だ」という証言もTwitterで見かけました。本当でしょうか。

むしろ私クラスになると、「ほ、本当に速度が表示されないのかな…」「もし動画で解析していたら、ひぐひぐのフォームは野球投げ判定されないのかな…」などと、無駄な心配とともに、逆に野球投げしてみたくなります。野球投げとそうでない境目は何?などと考えて、延々と奇妙なフォームで投げてしまいそうです。これは困りました。

さて、そんな中、最近クソゲー作りにハマってしまった私は、野球投げで破壊されるかもしれない、プロジェクションマッピング非搭載型最新ダーツマシン、DARTSLIVE3からインスピレーションを得て、それをテーマにしたゲームを作ってしまいました。
野球投げをする人々と、ダーツバーのオーナーの間で繰り広げられる、血で血で洗う闘いをテーマにしたアクションゲームです。以下のリンクからどうぞ。一般のお客様に迷惑をかけないように、野球投げしてくる奴らを吹っとばしてください。← →キーで移動、Spaceで攻撃です。「Rキーでリトライ」だけ覚えておいてくださいね。ぜひプレイしてみてください。

公開サイト:
野球投げからダーツバーを守れ!~ダーツバーディフェンスゲーム~ unityroom
こんな感じ。
blog


以下紹介動画です。